男性

自信が取り戻せる包茎手術|明るい性格へとチェンジ

処方について

医薬品

ED治療として利用されているレビトラは、泌尿器科など専門のクリニックで処方してもらうことができるでしょう。泌尿器科で処方をしてもらう場合は、事前に予約をいれておくと便利に利用することができます。基本的に来院から処方までの時間は10分程度です。そのため、時間もかからず手軽に利用することができるでしょう。また、問診は5分程度の軽いものです。分からないことは積極的に質問するようにしましょう。基本的に横浜では問診の際にED治療薬の説明などを行います。必要な場合は血圧測定などをおこないますが、性器を診ることはないでしょう。基本的にED治療薬の処方は院内で行います。泌尿器科内で処方してもらえるので、他の方からの目も気にならないでしょう。また、レビトラは1錠単位で処方することもできるので、試しに1錠だけ利用することも可能です。効果を確かめてから服用を続けるかどうか決めることができます。さらに、このED治療薬は保険診療対象外の薬剤なので、保険証は必要ありません。気軽に利用することができるのです。また、EDの原因に緊張がある場合は、精神安定剤も一緒に処方することがあります。精神安定剤とED治療薬を同時に利用することでより高い効果が得られるのです。また、初診の場合は初診料が掛かりますが、2回目以降の初診料は掛かりません。このように横浜では気軽にレビトラを処方してもらうことができ、利用することができるでしょう。